トップ / 結婚は生活に潤いをもたらす

結婚は二人の形を表すもの

結婚とは生涯を共にすることを二人で誓い、契りを交わし合うことを言います。恋人であった二人がさらにステップアッして家族になるというのが一番の幸せの形ではないでしょうか。プロポーズをされ婚約指輪をもらうというステップを踏みますが、女性にとって一番輝ける瞬間で心が満ち溢れます。男性にとって結婚という形にはまるということは、自分を支えてくれる人を得るということです。誰かと共に生きるということで仕事への熱意が生まれたり、生活に潤いと豊かさが出てきます。

日本古来の結婚式、神前式とは

最近では様々な結婚式のスタイルがあります。日本古来の神前式はホテルや式場のなかの神殿で行うほか、国宝や世界遺産となっている本格的な神社で挙式をすることができます。三三九度、玉串拝礼などの儀式、雅楽など凛とした雰囲気が特徴の挙式です。人前式や教会式に比較して、家と家の結びつきという考え方が強く、挙式には親族のみの参加ということが多いです。しかし、社殿の外から友人にみてもらうこともできます。また参拝客にも祝福の言葉をかけてもらえます。凛とした雰囲気の神前式、一度検討させてはいかがでしょうか。

↑PAGE TOP