トップ / 結婚の婚約指輪の必要性について

結婚に婚約指輪は必要かどうか

結婚が決まると女性はワクワクするとともに現実的になります。披露宴やら新居やらと金銭問題がたくさん出てくる為です。昔は給料3ヶ月分の婚約指輪でのプロポーズがお洒落だったのですが、現代では合理的にスマートに考える方が多くなってきた為か婚約指輪は不要と思うようです。確かに貰ってもつける時が友達の結婚式くらいなものなので、あってもなくても同じようなものです。それならば自分たちの為に使おうと考える男女は、無理をしない平等なイメージがわきます。指輪などモノではなく、相手を想い気持ちがしっかり伝わるかどうかが一番大切です。

婚約指輪の必要性はあるのか

結婚を目前に控えている女性にとって、結婚式、新婚旅行、新居、新生活の準備、指輪など考えることはたくさんあり、ワクワクするものです。でもお互いの経済状況によっては全てを理想通り・マニュアル通りに準備することは難しい場合もあります。こういう準備の間に意見が食い違ってケンカになったり、マリッジブルーにもなるものです。今後の生活を考え必要な物は揃えなくてはなりませんが、その優先順位からいくと婚約指輪は既婚者から言わせれば不要です。デザイン性の高い指輪は突起物でストッキングを伝線させてしまったり、特に家事・炊事の邪魔になります。育児が始まったらしばらくお蔵入りです。シンプルな指輪で十分ですので、婚約指輪の予算は別な事に回した方がいいでしょう。

↑PAGE TOP