トップ / 結婚前の婚約指輪選びについて

結婚が決まったら指輪選びも

結婚が決まったら色々と決める事もあり、新郎新婦は忙しい時間を過ごすことになります。その中で花嫁が憧れるものの一つは指輪です。婚約指輪は婚約の証として男性から女性に贈られますが、最近ではプロポーズとともに渡す人よりも、お二人で気に入ったものを選ぶカップルも多いです。結婚指輪は二人の結婚の証でもあります。日常付けておく人が多いので、邪魔にならないものやシンプルなデザインを選ぶ場合が多くあります。お値段はそれぞれ違いますが、婚約指輪なら数十万円から、結婚指輪なら十万円前後が相場です。プラチナや金などの素材の違い、宝石の数などで値段が変わるので、二人で納得したものを選ぶのもよいのです。

婚約指輪と結婚指輪の相場

婚約指輪と結婚指輪の値段は、特に男性は結婚を決意する前に知っておきたいでしょう。昭和時代には、宝石店が考えたダイヤの販売促進の為の謳い文句、婚約指輪は給料の3ヶ月分が流行しました。しかし、近年では大手ウェディング企業のアンケートによると、相場は20万円から30万円となっています。また、結婚式の時に夫婦となる二人が交換する結婚指輪の相場は10万円から20万円です。二種類の指輪のデザインにこれといった決まりは無いですが、双方素材はプラチナを選ぶ方が多いです。素材や宝石によって指輪の値段は大分違ってきます。

↑PAGE TOP